FC2ブログ

小柳ルミ子-001

さて、真理ちゃんを取り上げたならこの人をはずすわけにはいきません。
そう、小柳ルミ子さんです。この方を‘アイドル’と称していいかは論議が分かれるところだと思いますが、それは歌唱力が高いからゆえ(アイドルと称さない)のこと、と思いますので、私は敬意をこめての意味で取り上げたいと思います。
宝塚音楽学校を卒業して、71年『わたしの城下町』で歌手デビュー。真理ちゃんより半年ほど早いデビューでしたが、真理ちゃんと同じ渡辺プロの所属でした。のち、南沙織さんとともにマスコミからは[新3人娘]と呼ばれ、女性人気歌手としてのトップに上りつめました。
私が印象に残っているのは『瀬戸の花嫁』(72年)です。前奏のカモメを模したアレンジが子ども心に頭からはなれず、その清楚な出で立ちに何か神聖なモノを見るかのように見入っていた記憶があります。
『漁火恋歌』(72年)も好きな曲で、当時のランキング番組『ゴールデン歌謡速報』で3~4位をうろうろしていてなかなかトップにならなかったのを覚えています。今でもカラオケでよく歌ってます。
高音のよどみなく透き通る声と醸し出す雰囲気…それがルミ子さんの魅力だと思いますね。(…続く)




 

↓クリックしてください~アイドルの輪を広げたいと思います。

 にほんブログ村 芸能ブログ アイドル・アイドル歌手へ 芸能・アイドル ランキング

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)